岩合光昭の世界猫歩き展(北九州)開催期間と開館時間は?アクセスと駐車場

岩合光昭世界猫歩き写真展

 

NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」北九州市立美術館本館で7月14日から写真展が開催されます。

猫の目線で世界の街角の猫を撮影!岩合光昭さんが写す愛らしい猫の表情が満喫できます。

 

「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る岩合光昭さん。

 

岩合さんは猫の魅力について「家畜はひもでつながれていますが、ネコは家畜の中で唯一といっていいくらい、ひもでつながれていない希少な存在だと思うんです。ネコは自由で、ヒトの思い通りにならない。そこが大きな魅力だと思います。

犬の飼い主の方は、なぜ犬が好きかというと、壁のない関係、それこそ『ネコ可愛がり』できる側面があると思うんですね。

犬のほうも、ご主人のいうことを聞くのが喜びになっているので、それを良しとしています。

でもネコは違いますよね。そもそも飼われているだなんて思っていない気がします。そこにはるかな隔たりがあると思っています」

 

 

さらに、「現代人は、都市型生活のおかげで、本来持っているはずの野性の部分を使うことがなく忘れてしまっています。ネコやイヌを見ると、『え?こんなことをするの?』と驚かされ、野性を呼び覚ませられるような気がしています。その驚きの頻度が、ネコは、人に寄り添う犬よりも高いのだと思うのです。そんなネコの魅力を知ってもらって『ネコの味方を増やしたい』というのが、僕の思いです。それがBSの番組を最初に作るきっかけにもなりました。ネコのことを考えるきっかけに、僕の写真や映像が役に立ってくれたらうれしいなと思います」
本展は、岩合氏がヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、およそ200点で構成します。ネコたちの愛らしい表情や仕草、一瞬の動きをとらえた写真は、多くの人々を魅了することでしょう。

 

 

スポンサードリンク


 

SPECIAL EVENT

・岩合光昭氏によるギャラリートーク・サイン会
日時 8月4日(土)①10:00〜 ②14:00〜 ※観覧料が必要です。
会場 北九州市立美術館 本館 展覧会場内
ギャラリートーク終了後、エントランスにてサイン会を開催いたします。
お一人様3冊までサインをお求めいただけます。
定員 各回先着100名様 ※当日、ミュージアムショップで写真集をお買い上げの方対象

 

北九州市立美術館

 

 

 

開催概要

 

会期 2018年7月14日(土)~8月26日(日)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
会場 北九州市立美術館本館
(〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号)
観覧料 一般  1000(800)円
高大生 600(400)円
小中生 400(200)円
※( )内は前売り料金および20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。※前売り券は、ローソンチケット(Lコード:82696)、チケットぴあ(Pコード:769-139)、セブンチケット(セブンコード:065-079)、CNプレイガイド、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州モノレール主要駅、筑豊電鉄主要駅で販売。※ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、CNプレイガイドについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
展覧会特設サイト http://nekoarukitaq.jp/

 

 

前売り券

※「前売りぺア券」は販売終了しています。

 

 

交通アクセス

 

美術館シャトルバス(無料) 

「七条」⇔「美術館口」⇔「美術館」(30分間隔で運行)

美術館シャトルバスのりば
地図:美術館シャトルバスのりばシャトルバス「七条」のりば
※バス発着場所は看板の東側30mの公衆電話ボックス横です。

 

西鉄バス

市内各地より

市内各地より「七条」または「美術館口」で下車。
「七条」または「美術館口」からシャトルバスに乗車、
「美術館」で下車(所要5~3分、20分おき発車)。

福岡より

「福岡天神バスセンター」から高速バス「いとうづ号」(小倉方面行き)に乗車、
「七条」で下車(所要1時間15分、約30分おき発車)。
「七条」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。

JR

JR小倉駅(在来線・新幹線)より

・「小倉駅バスセンター3のりば」から西鉄バス22番(黒崎行き)に乗車、
「七条」で下車(所要30分、約10分おき発車)。
「七条」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。
・「魚町」から西鉄バス1番(黒崎・折尾行き)に乗車、
「七条」で下車(所要20分、約6分おき発車)。
「七条」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。

JR西小倉駅より

・西鉄バス「西小倉駅前」から西鉄バス1番(黒崎・折尾行き)に乗車、
「七条」で下車(所要15分、約6分おき発車)。
「七条」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。

JR戸畑駅より

・「戸畑駅」から西鉄バス40番(香月・小嶺行き)に乗車、
「美術館口」で下車(所要20分、約20分おき発車)。
「美術館口」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。

JRスペースワールド駅・JR枝光駅より

・タクシー(所要10分)

JR黒崎駅より

・「黒崎バスセンター」から西鉄バス1番(砂津・魚町行き)に乗車、
「七条」で下車(所要25分、約6分おき発車)。
「七条」からシャトルバスに乗車、「美術館」で下車。

 

 

 

岩合光昭が世界各地で出会ってきた素敵なネコたちがこの一冊に。

それぞれ聞いた場所に我のまま収まるネコたちを紹介しています。

 

岩合光昭(いわごうみつあき)

 

 

1950年東京生まれ。19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。

以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続け、アフリカ・セレンゲティ国立公園に1年半に渡り滞在して撮影をした写真集「おきて」は、世界中でベストセラーとなる。
また、独特の色やコントラストを持ち、想像力をかきたてる写真は、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾るなど、全世界で高く評価されている。

近年はカナダでホッキョクグマ、中国でジャイアントパンダやトキ、知床でオオワシやヒグマ、屋久島でヤクシカやヤクザルなど、オリンパスのデジタル一眼カメラを駆使して、野生動物の写真を次々と発表している。

最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れており、NHKBSで「岩合光昭の世界ネコ歩き」が好評放映中のほか、写真展「ねこ歩き」が2013年5月の日本橋三越を皮切りに日本各地に巡回中。2013年8月からは、写真展「ネコライオン」も日本各地で巡回中。

 

可愛い猫ちゃんに会える機会です。

猫って写真からもその愛らしさが伝わってきますよね。

岩合さんが猫を撮る時の優しい声かけと、接するときの暖かさが伝わってきそうです。

岩合さんの猫に対する愛情が盛り込まれた写真展。

是非、北九州美術館本館で開催される世界猫歩き展で可愛い猫達に会いに来てください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。