ウォーキングデッドのリック役降板理由は後任俳優は誰?ギャラは

 

人気ドラマ『ウォーキング・デッド』で主演リックを演じているアンドリュー・リンカーンがシーズン9をもって降板することが明らかになりました。

 

 

米AMC局でシーズン8まで放送が終わっている『ウォーキング・デッド』。

今秋に放送予定のシーズン9で、アンドリューが出演するのは6話程度になるとのことです。

 

アンドリュー演じるリックが、どのような形で仲間の元を去ることになるかは不明です。

 

 

 

シーズン8でリックの息子カールを演じる俳優チャンドラー・リッグスが、シーズン8をもって同シリーズを去ると衝撃が走り、一部のファン離れが起きたとのこと。

チャンドラーもシーズン8で退場すると聞いたとき、かなり衝撃だったと本人もインタビューで答えています。

 

ここ最近ウォーキング・デッドは、シーズン6からのメインキャラを意味なく犠牲にする、その結果視聴率低下という散々たるありさまです。

 

 

ファン離れと視聴率低下同がアンドリューの降板でも起きると考えられます。

アンドリューが降板してもシリーズが続くということであれば、当然”リック”に変わるキャラが必要。

リックもシーズン9では6話にしか出演しないということなので、この時点で次のメインキャラが決定しているはず。

ダリルを演じる俳優ノーマン・リーダスをシリーズに留めるため、破格のギャラを提案していると報じられています。

その額は2000万ドル(約21億8260万円)が提示されているようです。

 

スポンサードリンク


 

『ウォーキング・デッド』はアンドリュー演じるリックが中心だったことに間違いはないです。

リックなき後、ダリルが仲間を引っぱる新リーダーになることが見込まれるでしょう。

 

ノーマン・リーダスはインタビューでオリジナルのキャラを大切にしなきゃいけないと答えていましたが、最近の『ウォーキング・デッド』は重要なキャラを次々と死なせています。

 

もしかしたらニーガン演じるジェフリー・ディーン・モーガンが主役になるという可能性もありますね。

ニーガンとダリルが仲間になる日がくるかもしれない?

 

ゾンビによる終末世界を舞台に、安住の地を求めて旅をする人々を描くサバイバルドラマにあって、主要人物が不慮の死を遂げることは珍しくないです。

 

これまでも多くのキャストが番組を去ってきましたが、リンカーン演じるリックといえば、シーズン1の第1話から生存者たちを率いてきたリーダーだけに、シリーズ史上最もショッキングな死が用意されるはずです。

 

「ウォーキング・デッド」は、平均全米視聴者数1438万人を記録したシーズン5をピークに人気が下降しており、シーズン8では782万人までダウンして、テコ入れが必要な時期に差しかかっています。

 

かつて「ラブ・アクチュアリー」に出演していた英俳優のリンカーンにとっても、「ウォーキング・デッド」からの降板は演技の幅を広げるためのきっかけになるかもしれません。

なおアンドリュー・リンカーンはイギリス人なので、番組終了後はイギリスに戻り、家族ともっと時間を過ごそうとしているということです。

 

 

またマギー役のローレン・コーハンもアンドリューと同じくシーズン9の撮影に参加する事を明らかにしましたが、6話に参加するということしかまだ分かってません。

 

ローレンも新しいドラマ「ウィスキー キャバリア」で多忙になることから、AMCがマギーとリック両方を切り落とす可能性もあります。

 

マギー役のローレン・コーハンが報酬について協議しているというニュースから、AMCは女優にはかなり低い給料を払っているという事実が明らかになり、アンドリュー自身も「自分がそんな優待を受けていたとは知らなかった」、「男女不公平な待遇をする作品には今後出たくない」と発言していたという記事もあり、その事も影響しているかも知れません。

 

 

マギー役のローレン、キャロル役のメリッサ・マクブライド、ミショーン役のダナイ・グリラ、この3人の給料はだいたい1話ごとに400万円から600万円と言われています。

 

 

アンドリューはシーズン6までの1話ごとに920万円くらいだったのがシーズン7から7倍の6100万円まで増えたといわれています。

 

ダリル役のノーマン・リーダスのギャラはシーズン6まで各話ごとに800万円、シーズン7から各話ごとに7倍の5500万円と、女優陣の400万〜600万円は男性陣と比べてかなり低いですね。

 

カール役のチャンドラー・リッグズのギャラは1話300万円とも言われています。

子役のカールとギャラがあまり変わらないことを考えると女性陣にももう少しギャラアップしてもいいのでは?

 

ノーマン・リーダスも好きな俳優のひとりですが、『ウォーキング・デッド』の中心人物と考えると如何なものかと思います。

リックがいるからこそ引き立つキャラクターであり、みんなを率いていくというタイプではないと思いませんか。

元々は一匹狼的な存在でしたし、ダリル本人もそれはわかっているはず。

 

 

ただ、原作から予測すると次の敵は”ウィスパラーズ”というウォーカーと共存している集団。彼らと戦うにはニーガンの存在が必要不可欠なんですね。

 

もし原作通りに進むのであれば、シーズン9はダリル及びニーガン主体で展開されることもありうるかもしれません。

ニーガンが主人公になるのかといえば、それでは悪が勝るという印象になってしまうと思うので、さらに『ウォーキング・デッド』離れが加速する恐れも。

 

もしかしたらシーズン9で終わっちゃうのかも・・・というのが正直な想いでしょうか。ただ、秋に放送されるシーズン9の展開を観てみないと、一概にシーズン10は無しとは言えませんね。

 

とはいえ、ウォーキングデッドは名作ですから台無しにしてほしくないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。