コレット(小倉)の閉店セールはいつ?閉店後とグランドオープンについて

JR小倉駅前の百貨店「コレット」2019年2月28日(木)で閉店します。

 

JR小倉駅前ということで、利用されていた方も多く閉店は非常に残念です。

北九州市にとっても北九州市民にとっても悲しいニュースです。

 

閉店は残念ですが、コレット閉店に伴い気になるのは閉店セールですね。

 

そこで閉店セールはいつから始まるのか、その後のコレットの跡地はどうなるのか、気になるのでまとめてみました。

 

スポンサードリンク


 

コレット閉店セールはいつから?

 

 

気になるコレットの閉店セールですが、2019年1月11日(金)~2月28日(木)まで「コレット閉店セール」を開催します。

 

2019年1月2日の初売りから閉店の2月28日迄セールが続くことになります。

 

1月2日の初売りに行ってみましたが、北九州に愛されてきたデパートが閉店されるとあって、大勢の人が訪れていて大変な賑わいでした。

 

2月28日の閉店までこの勢いは続くと思います。

 

新春セールから閉店セールへ移行することもあって、閉店セール初日の1月11日は3連休と重なることもあり、大勢の人が訪れて、大変込み合うことは間違いないでしょう。

 

もしお目当ての店があるのなら、1月11日開店と同時に行かれることをおススメします。

スポンサードリンク


 

コレット閉店後はどうなる?

コレット(コレット井筒屋)が入居する建物を管理する北九州都心開発が跡地について発表しています。

 

12月28日の記者会見で2月28日のコレットの閉店後に跡地は専門店街になると発表しました。

 

そして一部の専門店が残留して継続して営業することも発表しています。

 

コレット井筒屋は地下から6階まで、売り場面積は30,000㎡です。

アイム専門店街を含めた全館の売り場面積は46,282㎡です。

建物は北九州都心開発(セントシティ北九州、アイム専門店街を管理運営)が保有しています。

 

コレットの閉店後にコレット床の運営を行うのは、野村不動産グループの「ジオ・アカマツ」(東京都新宿区)です。

 

同社は現在、セントシティ北九州のアイム専門店街を運営していて、事実上アイム専門店街の増床となります。

 

北九州都心開発の記者会見によると、コレット内に出店していた店舗は35%ほど残留するそうです。

 

現在コレットの館内には大手雑貨店「ロフト」やファストファッション「ZARA」など、小倉唯一となるテナントが数多く出店しています。

 

1月時点では残留するテナントについては発表されていません。

 

今後の残留テナントについては気になるところですね。

 

 


 

全館グランドオープンはいつ?

コレット閉店は2019年2月28日です。

3月から改装を行い順次オープンします。

 

2020年3月の全館グランドオープンを目指しています。

 

アイム専門店街部分ですが、そのまま営業を継続するようです。

 

気になる名称ですが、全館がファッションビル「アイム」の名称に統一される可能性があるようです。

 

まとめ

2018年7月にコレット閉店という残念なニュースが飛び込んできました。

都心部再生として期待されていたコレットですが、福岡への買い物客の流出、近場に大型ショッピングモールの出店など、やむを得ないとは思いますが閉店は残念です。

 

閉店セールでコレットにお疲れ様ですと感謝の気持ちを込めて大いに盛り上げてサヨナラしたいです。

 

閉店は寂しいですが、新しい小倉駅前の顔として、どんな風に変わるのか2019年3月のグランドオープンが楽しみですね!

 

そして今度は長く地元に愛される小倉のシンボルとなる事を期待しています。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。