マツコの知らない世界(12/11)万華鏡の世界!大熊進一さんと万華鏡博物館を紹介

「マツコの知らない世界」(12/11)放送では、万華鏡の魅力を紹介します。

 

万華鏡を約3000万円かけて約3000本も集めてしまった大熊進一さんが登場です!

 

大人も欲しくなる!美しくアートな万華鏡や大熊さんの貴重なコレクションを紹介!

万華鏡の魅力にマツコさんもどっぷりとハマってしまいます。

思わずマツコさんも万華鏡を購入しちゃいます♪

 

今回「マツコの知らない世界」で紹介された大熊進一さんと館長を務める日本万華鏡博物館館長を紹介します。

 

スポンサードリンク


 

万華鏡博物館館長の大熊進一さんとは?

日本一の万華鏡コレクター大熊進一さんを紹介します。

 

ざっくりと経歴を紹介すると

生年月日 1949年12月24日

出身地 埼玉県川口市幸町

学歴:立教大学経済学部卒

職歴:埼玉新聞記者として4年間勤務

独立して、企画編集会社(株)ベアーズを設立。

プランニング業務と一流企業の企業のイメージアップを図るPRマガジンを多数。

 

大熊進一さんと万華鏡の出会い

大熊進一さんが万華鏡と出会ったのは1990年1月ハワイ・マウイ島です。

おもちゃからアートへ大変身した万華鏡を見て、思わず買ってしまったのが、コレクション第1号だそうです。

この時から、日本一の万華鏡コレクターとなっていくのです。

 

万華鏡と出会ってから、1991年にアメリカの万華鏡愛好家団体「ブリュスター・ソサエティ」に入会。

1996年、日本万華鏡倶楽部を設立。

1998年、日本万華鏡博物館を開館。

 

大熊進一さんが館長を務める日本万華鏡博物館について

埼玉県川口市に日本万華鏡博物館はあります。

日本万華鏡博物館では、館長の大熊進一さんから万華鏡の歴史と仕組みを説明していただけます。

 

この博物館のユニークな特徴は、「見るコース」と「作るコース」を選択し、どちらも館長自らがレクチャーしてくれるところ。

 

「見るコース」は、歴史から科学的な仕組みまで、作品を見ながら大熊進一館長自らわかりやすく解説してくれます。

 

「作るコース」ではオリジナル・キットによる万華鏡の手作りができます。

子どもから大人まで楽しめると評判です。

 

 

川口駅から少し歩いた場所にある万華鏡の博物館です。
年代ものの万華鏡から最新のものまで、見ていて飽きません。
万華鏡製作もできます。

 

 

知識を身につけて見たり、作ると、覗いた時の感動もひとしおですね。

 

小さな博物館なので予約優先となっています。

 

予約がなくても空いていれば入館できますが、毎正時ごとに、好きな日時を予約して行かれることをおススメします。

 

日本万華鏡博物館ホームページ

 

日本万華鏡博物館

所在地: 〒332-0016 埼玉県川口市幸町2丁目1−18 101

電話番号: 048-255-2422

時間:10:00~19:00

定休日:不定休

駐車場:なし

 

 

大熊進一さんの著書

2000年、日本で初めての万華鏡の本『万華鏡の本』を日本万華鏡博物館から刊行されています。

 

「日本万華鏡博物館」の貴重なコレクションが海を渡り、万華鏡の生まれ故郷・スコットランドで展示されました。

19世紀の貴重な万華鏡や現代の美しい作品を写真付きで紹介されています。


 

まとめ

今回は「マツコの知らない世界」で紹介された、万華鏡博物館館長の大熊進一さんについてまとめてみました。

万華鏡はその美しさについつい見とれてしまいますよね。

万華鏡は英語でカレイドスコープとよばれていて、「美しいもようを見る」という意味のギリシャ語がもとになった言葉だそうです。

一度は自分だけの万華鏡を作ってみたいものですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。