クリスマスの花ポインセチアの名前の由来と花言葉は?通販も調べてみた

クリスマスの花の代表といえばポインセチアですね。

 

12月になると花屋さんで赤、白、ピンクの華やかなポインセチア一色になりますね。

 

店頭に並ぶとクリスマスが今年もやってきた!と感じます。

ポインセチアを飾ると華やかな雰囲気になって、クリスマスには欠かせないアイテムとなっています。

 

そこでクリスマスの花と言われるポインセチアについて調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

 

 

 

 

 

ポインセチアがクリスマスの花と言われる理由は?

ポインセチアがクリスマスの花と言われるようになった理由について調べてみました。

 

1番の理由は花の色からです。

 

クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれてますね。

 

赤は「キリストの流した血の色」、緑は「永遠の命や愛」、白は「純潔」を表します。

 

葉が赤と緑、樹液が白のポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物です。

 

また、花や苞(ほう)の形がベツレヘムの星に似ていることや、「聖夜」という花言葉を持つことで、ポインセチアがクリスマスの花の理由であるとされています。

 

 

確かにポインセチアの花に似ていますね。

 

ポインセチアの花言葉

ポインセチアの花言葉は色によって違います。

赤いポインセチアは、「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」などの花言葉です。

クリスマスにぴったりの、胸の高鳴りや幸福感を表した花言葉ですね。

 

ピンクのポインセチアは「思いやり」や「清純」

 

白のポインセチアは「慕われる人」「あなたの祝福を祈る」の花言葉を持ちます。

 

赤いポインセチアはクリスマスに恋人に告白の時に♪

 

ピンクと白のポインセチアは家族、友人、上司と相手に合わせて、適した花言葉を持つ色のポインセチアを選んでみるといいですね。

 

さまざまな色のポインセチアを組み合わせて贈っても良いかもしれません。

 

ポインセチアの育て方て難しい?

ポインセチアは寒さに弱い植物です。

 

日中は、日光が当たる窓際などの暖かい場所に置いたほうがいいです。

窓際の温度が下がる夜間は部屋の中央に置いてください。

 

4月から10月の生育期間は、土の表面が乾いた際にたっぷりと水やりを行います。

冬場は生育が鈍るため、水やりは控えめに。

 

冬場の水やりは天気の良い日の午前中に行うことが根が傷みません。

 

花屋さんの店頭に並んでますが、実は寒さに弱いんですね。

 

ポインセチアの通販はある?

ポインセチは鉢で購入するとなると、持ち帰りが大変ですよね。

自宅の近くに花屋さんがない、車が無いので持ち帰るのに大変!

 

楽天市場 5色の色が華やかポインセチア

パティスリーフラワー 大切な人にプレゼント

 

スワロフスキーのポインセチアもあるのご存知ですか?

1年を通して部屋にかざれていいですね♪

 

 

楽天市場 スワロフスキー ポインセチア 

 

ピノキオで登場するティンカーベル!

ポインセチアの花を持っています。

可愛いですね♪

 

 

楽天市場 スワロフスキー  クリスタル フィギュア ティンカーベル

 

まとめ

今回、ポインセチアについて調べてみました。

クリスマスの時期になると、よく見かけるポインセチアですが、花言葉や由来を知ることで、ポインセチアに対して愛着がわきますね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。