マツコ会議(10/6)自宅用プールの値段と工事費は?工期と維持費について

こんにちは! ふくです。

 

10月6日放送の「マツコ会議」で自宅用プールが紹介されます。

 

自宅用プールって羨ましい限りです。

 

海外では家に自宅用プールがあるのをテレビで見ます。

子供が遊んでいるだけではなく、

マンションの最上階でセレブが大きなプールを囲んで

騒いでるの見ますね。

 

日本では自宅用プールのある家ってなかなか見ないです。

 

マツコ会議で紹介されている自宅用プールって富裕層しか持てないの?

 

そこで自宅用プールを設置すると値段と工事費はいくらかかる?

工期と維持費はどのくらい?

 

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

自宅用プールの値段と工事費はいくら?

自宅用プールがある家は大豪邸というイメージです。

 

でも家とプールは別と考えると、

プールを外溝工事の一つと考えてみてはいかがですか。

 

庭にプールを作る工事だと考えて、プールの費用は家と分けて考えます。

 

設置を考えている方は、当然、プールを設置する広い庭は必要になります。

都心では土地の価格が高いので、富裕層のみが作れることになりますね。

 

自宅用プールを庭に作ると、プール施工と最低限のプール関連工事で

工事費用は300万~500万円程度と言われています。

 

ちなみに500万円ではサイズは2.25m×4.25m。

深さは1.2mとそこそこ大きいサイズです。

 

もちろん、大きさによって値段は変わっています。

 

高価なことに変わりませんが、高級車を買うことを考えたら、

自宅にプールを作るのも夢ではないですね!

 

 

プールを作る工期はどのくらいかかる?

工事内容としては、鉄筋コンクリートで型枠を作ります。

プールの維持のための循環装置を取り付けてコンクリートを打設します。

そして、防水を施すという工事内容になります。

工期としては1か月程度かかることが多いようです。

スポンサードリンク


 

自宅にプールと作ると維持費はいくらかかる?

自宅用プールを作ると気になるのは、維持費ですよね。

 

学校のプールでも冬は防火のため水を張った状態のまま維持しています。

夏前にはプール掃除があり、新しく水を入れ替えて・塩素入れたり。

やっぱり管理が大変というイメージがありますね。

 

でも家庭用のプールは設置後のメンテナンスは凄く簡単で、

維持費用はそれほど高価ではないです。

 

プールの維持費には3つ必要になります。

1.ろ過金電気代

2.塩素などの薬剤代

3.水代

以上の3つです。

 

プール本体も大切ですが、実はそれよりも大事なのがろ過機です。
ろ過機の価格を渋ってしまうと、その後の維持費に大きな影響を与えます。

 

常にきれいな水を保つためには、きちんとろ過するか、

もしくは水の入れ替えをしなければなりません。

 

これを考えると、ろ過機をしっかり吟味する必要があります

 

最近のろ過機は性能がよく、

水は1年に1~2回約3分の1を入れ替えで済むまでになっているとのこと。

 

ろ過器は、自動で運転時の電気代をセーブしてくれます。

お手入れも簡単なので、毎月のメンテナンスも楽です。

 

ろ過器の性能が良ければ、電気代・水質維持のための薬剤を含んでも

プールの大きさにもよりますが、

維持費は月額6,000円から10,000円程度とみていいでしょう。

 

ろ過機をつけないと、水の入れ替えが必要なのはもちろん、

藻がつきやすく、デッキブラシで掃除しないといけません。

 

また、蒸発した分の水の追加、秋ともなると舞い落ちる枯葉の除去など、

こまめに管理しないといけません。

また、夏場にはボウフラの発生源ともなる場所ですから、

水の管理は難しいでしょう。

蚊の発生が発覚すると、ご近所からの苦情もあります。

 

水質は、目に見えるものではないだけに、安易に自己流で行うことは危険です。
安直に塩素殺菌でしのごうとすると、水そのものが使えないケースも起こり得ます。
専門業者に定期的に見てもらう必要が生じます。

これらの手間暇や委託費用を考えると、ろ過機は絶対に必要です。

 

まとめ

自宅にプールを作るのは富裕層だけと考えてしまいますね。

確かに都心では土地代が高いので、一軒家にプールを作るなんて

一般の家庭では無理ですよね。

 

でもプールを作るだけの庭があるなら、頑張ったら手に入る金額です。

単に子供が遊ぶだけのプールではなく、

ライトアップして、水辺でパーティーするのもいいですね。

 

生活を楽しむための機能としても魅力的です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。